カメラマンがいないと始まらない!コスプレイヤーが教える【カメラマンとの出会い方】

(コスプレをするうえで本当に大切な存在であるカメラマンさん。
本当は全てに敬称をつけてお呼びしたいのですが、見やすさの観点から敬称を省くことをお許しください。)

コスプレ活動をする上で必要不可欠な存在であるカメラマン
スタジオ撮影、野外イベント、ロケ撮影などコスプレをする時の大切な相棒です。

コスプレを始めたての時は、カメラマンの知り合いがいません。
コスプレ姿を撮影してくれるカメラマンとはどうやって出会うのでしょうか

カメラマンにもひとりひとり【得意なシチュエーション】があります。
自然光撮影が得意な方、ストロボを使った暗めの撮影が得意な方、水・スモークなど特殊撮影が得意な方…などなど。

ですので既にカメラマンの知り合いがいても、その時コスプレする作品の雰囲気が得意な方を探す必要があるときもあります。

今回はカメラマンさんとの出会い方を3つ、私が撮影して頂いたお写真と共にお話していきますね。

友達伝いで出会う

カメラマンのやまそうさんに撮ってもらったセレスティア・ルーデンベルクコスプレの華乃さんPhoto by やまそう(@tks_photog
《コスプレ友達から紹介してもらう》、《友達との併せに参加してくれたカメラマンだった》など共通のコスプレ友達を介して出会う方法です。

今回の3つの中で一番安心できる方法となっています。
既に友達のコスプレ撮影をしている実績があるので、信頼できるカメラマンということが初めからわかるからです。

カメラマンとして併せに参加してくれた方だと実際に会って話したこともあり、お相手の人柄も知っているので一層安心ができます。

イベントで出会う

カメラマンのツナさんに撮ってもらった不思議の国の蟻巣コスプレの華乃さんPhoto by ツナ
イベントにはカメラマンも多く参加しています。
カメラを持っている方に「撮影して頂けませんか?」と自分から声をかけたり、カメラマンの方から「撮影しても良いですか?」と声をかけてもらえることもあります。

その時がチャンスです!
自分のSNSで繋がってもらうことができないか聞いてみましょう。

《その場でアカウントを教え合い交換する》でも良いのですが交換の時間がない場合はコスプレ名刺がおススメ
サッと渡すことができ、カメラマンも後であなたのアカウントをフォローしにいくことができます。

コスプレ名刺についてや作り方についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

コスプレ名刺なんて要らないでしょ!?と思ってるレイヤーさん、昔に比べると多いのではないでしょうか?でも本当に必要ないのでしょうか。実は今でもコスプレ名刺をおすすめする理由はいくつもあります!そして昔に比べて簡単に作れるようにもな[…]

コスプレ名刺を作ろう!‐初心者さんにも簡単おすすめコスプレ名刺の作り方‐
SNSで繋がる事ができれば、今後の撮影の時にカメラをお願いできないか相談をすることができます。

また、友達伝いの時と同じように実際に会って話したことがあるので人柄も知っています。

撮影は被写体とカメラマンとの相性が大切です。
自分と気が合うカメラマンさんと撮影をした方が意見の交換もしやすいし、撮影も楽しい。

会ったことがある方であれば、見知らぬ方よりドタキャンなどトラブルの確率も低いです。

SNSで出会う

カメラマンのかめらっくまさんに撮ってもらった二年後ペローナコスプレの華乃さんPhoto & Retouch by かめらっくま(@camerakkuma
イベントや併せに参加の予定がしばらくない。
でも「今度の撮影のためにカメラマンさんと出会いたい」
そんな時はSNSから出会うこともできます。

お勧めの探し方は、コスプレイベント名のハッシュタグから探す方法です。
例えば《#アコスタ》《#池ハロ》《#となコス》など自分の住んでいる地域で開催されているコスプレイベントのハッシュタグで検索をします。
自分の住んでいる地域に絞るのは、撮影をお願いできる距離に住んでいるカメラマンさんと出会うためです。

Twitterの場合、検索をして画像だけに絞り込むとそのイベントで撮影されたコスプレイヤーさんの写真が出てきます。
投稿には写真を撮影したカメラマンのアカウントが付いていることが多いので、そこから気になる方を見つけることができます。

カメラマンもコスプレ撮影をしている方、コスプレ撮影をしていない方がいます。
コスプレイベントに参加をしている方であれば、コスプレ姿を撮影するのが得意だったり好きな方が多いです。
ですので、普通に写真検索で探すより相性の良いカメラマンさんと出会えます

都内以外にお住いの場合は《#ビビコス(愛知県)》《#サツコス(札幌)》など、自分の住んでいる地域のコスプレイベントのハッシュタグで探してみてください。

素敵なカメラマンを見つけたら突然DM!はせずに、まずはリプライで挨拶をしてフォローをしましょう。
カメラマンによってはプロフィールに「撮影のお誘いはDMで」と記載している方もいます。その場合は《DMから挨拶→撮影の相談》でも良いかもしれません。

また、プロフィール欄に撮影依頼の詳細ページ(得意なシチュエーション、撮影可能日、データの納期など)を記載している方もいます。
こちらは、ツイフィ(Twitterプロフィール)だったりカメラマンの個人サイトページのリンクだったりします。
上記があった時は、そのページをしっかり読んだうえで撮影の依頼をしましょう。

SNSから出会う時は注意をしてください
最近は女性のカメラマンも増えていますが、まだまだ男性の方が割合が大きいです。
ネットで知らない異性と出会うということは、基本的に危険です。
相手のアカウントのメディア欄に、撮影した写真が投稿されているかなど相手の投稿をしっかり見たうえで依頼をしましょう。未成年の方の場合は危ないことに巻き込まれないためにも、SNSで出会うことは控えてください。

まとめ

カメラマンのokadaさんに撮ってもらったコスプレイヤー華乃さんとうさみみさんPhoto by okada(@chibipeko1214
写真左:華乃(@s2masimaro)右:うさみみ(@usmm_knt_
お役に立てましたでしょうか。

今回掲載した写真は、それぞれ違うカメラマンに撮影して頂いたものです。
カメラマンによって得意なシチュエーションが違うので、1枚1枚写真の雰囲気が違いますよね。
ひとつひとつの写真に撮影してくれたカメラマンの個性が活きています。
全て、私の宝物です。

依頼の際に忘れてはいけないのはカメラマンもひとりの人間ということ。
カメラマンに依頼をする時は、丁寧な言葉遣いとマナーに気を付けましょう。

有償か無償かはカメラマンによって異なります。
撮影してもらうにあたり、金銭が発生するかなど大切なお金のことは初めに聞いてやりとりをするのがベストです。
撮影自体に報酬が発生するのか、スタジオや野外イベントの場合はスタジオ代や参加費は誰が用意するのかなどは初めに話を済ませておきましょう。

また、どの作品でどのような撮影をお願いしたいのかをあらかじめ伝えておくとスムーズです。
カメラマンの方でもイメージができ撮影機材などの準備ができます。
イメージ写真を数点送っておくのも良いでしょう。

撮影の当日は、自分のために時間を作って撮影に来てくれたカメラマンに感謝の気持ちをもって撮影に臨みましょう。

以上、コスプレイヤーの教えるカメラマンとの出会い方でした。
最後までお読みくださりありがとうございました。

お役に立てていましたら嬉しいです。

関連記事

上京コスプレイヤーのYazukiです!1年ほど前に上京した時「東京ってこんなにスタジオあるの!?ジーマーで…?」と感動し、いろんなスタジオに行きました。その中でも「都内住みが行きやすいおすすめスタジオ」を紹介します。実際の作例と[…]

現役コスプレイヤーのおすすめ都内住みが行きやすい使いやすいスタジオはココ!
関連記事

どうも!有栖川さつきです。アコスタ池袋サンシャインシティに参加してきたのでレポートさせていただきます!私にとって2020年コスプレイベント初めでした!アコスタは全国で毎週のように開催されているので、初めて参加する予定の方は当日の[…]

年間約10万人超を動員するコスプレイベント【アコスタ】参加レポート!

YouTubeではemoma!ちゃんねる配信中!

>カンタンに設定可能!プッシュ通知機能

カンタンに設定可能!プッシュ通知機能

コスプレイヤーやライターが書いた最新のコスプレニュースやトピックス、イベント情報など、今すぐ役立つ情報をプッシュ通知形式にて、PCやスマートフォン(Android端末限定)へお届けします。
設定方法は以下の2ステップのみ!
■STEP1:画面上に表示されるダイアログボックスの【許可】をクリック!
(Firefoxでは【常に通知を受信する】を選択)
■STEP2:通知設定はこれで完了!設定した端末でプッシュメッセージが届きますのでご確認ください。
★便利機能★
画面の最下段に出る【ホーム画面に追加】を押すことでemoma!をまるでアプリのように即起動!さらにオフラインでもお読みいただけます。

CTR IMG