emoma!

コスプレイヤーによるコスプレ情報満載のWEBメディア[emoma!エモマ]
emoma!コスプレ版 男性・男装レイヤー特集【#1】ウィル‐男よりも男になれる‐
【#1】ウィル‐男よりも男になれる‐

【#1】ウィル‐男よりも男になれる‐

by emoma!編集部
                     
公開日:20.01.31 最終更新日:20.02.17

~男性・男装コスプレイヤー特集~第1回は男装コスプレイヤーウィルさんです。
1枚1枚の中にストーリを感じさせる作品、世界観が閉じ込められている作品ばかりのウィルさん。
作品だけ見ると男性にしか見えないその姿は、高い理想とそこを目指す絶え間ない努力から来ているものでした。
その意識や日々の様子を聞くだけでも活力が与えられるインタビューです。
ウィルさんが感じる快感から苦悩まで、余すところなくお伝えします。

男性・男装コスプレイヤー特集とは
【~コスプレは女性だけのものではない~】
今やコスプレは日本文化の誇りのひとつ。ただ女性だけがフューチャーされがちな業界ですが男性だって多数いる!さらに女性だからこそ出来る男性キャラクターもある!そんな男性・男装コスプレイヤーをemoma!編集部がピックアップし各コスプレイヤーの魅力に迫っていく特集です。

男装コスプレイヤーウィルさん001





きっかけは高校の先輩

男装コスプレイヤーウィルさん003--- コスプレ始めたきっかけはなんでしたか
13年くらい前に高校の先輩がコスプレをしていて、その写真を見せてもらったのがきっかけです。
アニメが大好きだったので凄い興味を持ってしまって、イベントのことを色々と聞いたりコスプレってどういうものなのか聞いたり。
昔から変身願望っていうものがあって、もうまっしぐらでしたね。
結構落ちるのが早かったです。笑

--- その先輩は女性キャラクターだったんですか
その先輩も男装だったんです。
その当時はウィッグとかまだなくて地毛でやっているような時代だったんですけど。

--- ウィルさんは初めから男装だったんですか
最初は女だったんですよ。女の子キャラクターから入ったんです。
『D.Gray-man』のリナリー・リーをやりました。
地毛でメイクもせずにイベント会場に行きました。
こぢんまりとした部屋だったんですけど、みんな和気あいあいとしている雰囲気でした。
今と違ってインスタントカメラで撮って「今度お会いした時に印刷してお渡ししますね」って感じで、受け渡しは会った時に頂いていました。
カメコさんの数もすごく少なかったです。
一眼レフ持っている人なんて会場に1人いるかいないか。持ってる人がいたらプロカメラマン扱いで「あの子一眼持ってる!!」って騒ぐ、でも撮ってはもらえないって感じでした。笑

--- 男装はいつから始めたんですか
2回くらい女の子をやってすぐ男装になりました。
初めてコスプレイベントに行って、自分の身長が高い…となって、会場にいた方とか周りの友達に「男装キャラクターやってみればいいのに」と言われたのがきっかけで始めました。
それ以来女性キャラクターはやってないです。パッタリ辞めました。

まるで自分が王子様になれた気分

男装コスプレイヤーウィルさん002--- 結構すぐに男装を始めたんですね。最初は何のキャラクターをされましたか
一番最初は…なんだろ…。テニスの王子様…。あれ?違うかな…。
あ、『家庭教師ヒットマンREBORN!』の六道骸のほうが早かった気がします!
主人公の女の子に憧れたりしてたので、最初はそんな男装に興味はなかったんですよ。
でも男装側をやってみるとなんかちょっと違う気分的な発見があって。
男装は快感がありました。笑
自分がゲームも好きなんですけど夢見女子さんって言うんですかね。乙女ゲームとかすごいやっていたので、王子様とかそういう存在に憧れてしまっている部分あったんです。
その王子を自分で出来るんだ!みたいな感覚。なんかすみません、夢見がちで。笑

あとはまだその時って男装コスプレイヤーさんが少なめでそこまでいなかったので、女の子キャラクターよりは男の子キャラクターの方がみんなに喜んでもらえて。
そこに対しても喜びがあって、相手が喜んでくれたことが嬉しかったですね。

--- 男装のメリットって何ですか
可愛い女の子と合わせが出来る!
間違いないです!!
私は女なんですけど、可愛い子が隣にいると「わ~!嬉しい!!」となります。
女性も男性より男装の人の方が合わせしやすいのかもしれないですし、そこら辺は魅力です。
あと自分の理想とする彼氏像・男性像を自分で作れるっていうのも魅力だと思います。

--- ご自分が理想の男性に近づきすぎて男性への要求が上がったりしませんか
そうなんですよ。
彼氏は必要ないなって正直いま思ってます。笑
男性に対して「まだまだだな。女心が分かってないな!」みたいに思ってきちゃうんですよ。
男らしさがないとか、「なんて紳士じゃないのかしら、この人!」とか思うことも多々あります。笑
男性の立ち振舞いなど研究してますし、女心も分かるので厳しいですよね。
なかなか理想の人が見つからなくなっちゃうのは確かです。

女性が男性をする難しさ

--- 女装と男装どちらが難しいですか
女装もすごい難しいなと思います。下手したら何やっても“自分”という感じになっちゃうんだろうなと凄い思いますし。
女性だからこそ女装は女装で難しいんだろうなと思います。
でも男装は男装でめちゃくちゃ難しいです。
ツリ目だったりタレ目だったり、この人はナチュラルなキャラクターなんだなとか格好いいキャラクターなんだなとか、ウィッグも短髪・ロングとありますし、ロングだからといって女っぽくなっちゃいけないですし。すごい大変ですね。

--- 男装はボディメイクも大変ですか
男装のボディメイクも色々あります。
お尻をガムテープでぐるぐる巻きにしたり、細い子はタオルを詰め込んだり、自分で男装ボディを作っちゃってる人もいるので皆それぞれ凄いなと思います。
最初は分からないかもしれませんが、試行錯誤やってみて上達していきます。

胸の潰し方も良く聞かれるんですけど色々とあるんです。
自分が男だったらどの位置に胸板が必要かなと考えることが大切です。
潰し方で色々変わるので、ただテーピングで引っ張って潰すだけだとちょっと違うんです。
キャラクターによってそれぞれ胸筋の位置は違うので、上に引っ張ってから今度横、もっと胸筋が必要かなと思ったらもっと上に引っ張るとかする必要がありますね。
肩パットの量だけでもガタイは変わりますし、ボディメイクにも色々とあるんです。

男よりも男らしく出来る!

男装コスプレイヤーウィルさん004--- 女性キャラクターの方と男装の方へは仕事の依頼の数は違いますか
企業案件の数は違うと思います。
事務所に入ってないので、詳しくは分からないんですけど一緒にお仕事をさせてもらってる人達を見るとそう思います。
男装への依頼は圧倒的に少ないです。
やっぱり男性キャラクターの場合は男を使います。

でも、言いたいのは「男より男らしく出来るよ!」みたいな。
そこはやっぱり言いたいです。
それを理解して男装をプッシュしてくれる企業さんもいるので、そういう感じでお仕事を頂いた時は特に頑張ろうと思います。
そういう時って緊張して気合入れ過ぎて失敗するんですよ。笑

--- ウィルさんの『鬼滅の刃』の竈門炭治郎と錆兎を見た時にも思いましたが、キャラクターによって全く別人に見えるのですが何をメインに作り上げられてますか
男装コスプレイヤーウィルさん006ありがとうございます。がんばっています。笑
メイクも表情も頑張っていて、その二つで作り上げています。
錆兎はメイクはキツめにして男気を出しました。
炭治郎は実はもうちょっと何か頑張りたいんです…。まだ少年みが足りないなって。
炭治郎は “明るい元気な少年”って感じなので表現する為にめちゃめちゃ目かっぴらいています。笑
あと炭治郎はどっちかというと男装メイクで女の表情をしていますね。
メイクは男なんですけど表情に女の可愛らしさを入れてバブみを出す感じですね。

--- ウィルさんはどの作品を見ても完全に性別を超えて男性にしか見えないところがプロだなと思います。女性だと気付かないファンの方もいるのではないですか
そう言われると生きてて良かったって思います。笑
多分女だって思ってくれてると思うんですけど、お会いしたことない方だとどっちか分からないのかもしれないですね。
未だに「こんな綺麗な男性見たことない」とか常にTwitterなどでも言われているので。
女性の姿をたまにSNSに載せることもあるんですけど、女装していると思われてるのかもしれません。笑
男性の方でも最近は女装されることも多いので、そう思われてるのかな。
でも私のことは皆さん好きに見て、好きにしてくださいって思っています。
ただ本気で男だと思って恋心を持ってもらうと「すごい褒められてる!」って思うんですけど「すみません、中身は女です…」って思います。笑

--- DMなども沢山来て大変なこともあるのではないですか
あります、あります。
DMとかでやり取りするのは苦手なタイプだということと、時間が物凄くかかって他に何もすることが出来なくなってしまうので6年位前から返すのが無理になってしまいました。
ファンの方が今は返してくれないって気付いてくれたんでそんなに来ないんですけど、この前はふと見ると60通くらい来てたりしていましたね。

1分1秒前へ、昨日より成長させなくちゃいけない

男装コスプレイヤーウィルさん005--- 男装しているウィルさんに女性ファンが歓声を上げている時はどんな感覚なんですか
「ありがとうッッッ好き!」って感じかもしれないです。
自分の言葉を声に出して応援してくれることは嬉しいです。
ただ結構責められると引いちゃうタイプなので、グイグイ来られると引いてしまうこともありますが。なんかその微妙なラインで嬉しかったり困ったり…すみません。笑

あとそこまで自分に魅力を感じてもらえるのは有り難いんですけど、自分より素敵な人なんてこの世にいっぱいいるので、なんか「そんなに?どこが?」みたいな感覚もあります。
あんまり自分に自信がないので。

--- ウィルさんでも自信がないものですか
どこまでも隣の芝生は青く見えるじゃないですけど、みんなメイクもウィッグも凄いなと思ってます。
どんどん色々な物が進化していくので、まだまだもっと勉強しなきゃなっていう思いは絶えずあります。
男装でも私の他に素敵な人いっぱいいるので、まだまだだと思うことはあります。

自分が納得いくコスプレが出来なかった時は潮時かなと思って、もう辞めようかなって考えたこともいっぱいあります。
自分の考え以下の物が出来てしまった、何も成長せず同じ失敗を2回してしまったと思うと「もう死のう。死んでしまおう私」ってなることがあるんです。

--- そういう時はどう立て直すのですか
自分をもう一回見つめます。自分の写真を見たり、キャラクターを見たり。
そして自分の何がいけなかったんだろう、自分に何が足りないんだろうと考えます。
自分に厳し過ぎるとよく友達に言われるんですけど、駄目なんですよね。治らないんですよ。
自分が理想が高いというのは分かっているんですけど、目標設定が上手く出来なかったり、同じことを繰り返すことが許せなくて。
常に成長して学びを得ていたいので成長してない自分を見るのは苦痛です。

1分1秒前へ、昨日の私より今の私を成長させなきゃ、色んな学びを絶えず得たい、そう思っています。
それでも成長はコツコツ、コツコツ進むものなのかなとは思います。
落ち込む時も本当に沢山あって「あー駄目だ。何でこんなに私はブサイクなんだろう」ってなってばかりなのですが、そんな時でも次にやりたい構想が頭に浮かぶとその瞬間動きだして集中し始めます。「落ち込んでた私どこ行った?」って感じで。笑

--- 逆に作品に対して完璧だと思える時も多いですか
「最高なの出来ちゃった!」っていうのは今まで1回か2回くらいです。
毎回色々反省はあるので。
自分で完璧だと思えたその1回か2回、その時は嬉しいです。物凄く嬉しいです。
その感覚を忘れられなくって毎回頑張っている感じです。

細かい指示まで聞いてくれるカメラマンさんに感謝!

男装コスプレイヤーウィルさん007--- 動画はどういった経緯で制作していますか


動画は遊びの時もありますが「このキャラがこう動いてたら可愛いな」とか自分の妄想を具現化している時もあります。
次はどのキャラで何がやりたいのかとか、このキャラがこうしてたら可愛いよなとか、どう表現したいかとか…。本当によく考えてますね。
相当いいなってシチュエーションを勝手に妄想して、その場面は写真で撮るのがいいのか動画で撮るのがいいのか考えて決めています。
妄想シチュエーションを具現化した動画は腐女子目線で隠し撮り風というか、自分はそこに存在しない体で見ることが出来るアングルにこだわって撮っています。
カメラマンさんにもそう見えるように細かくお願いします。

--- カメラマンさんへの指示や要望は多い方ですか
カメラマンさんには沢山と色々なことを伝えます。
あれがいいこれがいいとか、もうちょっと色合いはこうがいいとか、結構うるさいですね。
ずっと撮ってくれているカメラマンさん、よく付いて来てくれているなって思うんです…。
本当に撮影中とか物凄く集中してしまうので、気付いたらカメラマンさんゲッソリしていて。
集中しているのでカメラマンさんが疲れてるのに気付くのが撮影終わった3時間後くらいだったりするタイプなんです。やっと我に返るのがその頃で。笑
結構スパルタなんです。

カメラマンさんには感謝しています。
私は基本立ってるだけなので、やはりその世界観を作品に閉じ込めてくれるのはカメラマンさんしかいないんです。
携帯で撮った写真もそれはそれでいいと思うんです。
でもそのコスプレしている作品とか世界観を1枚の写真で表すっていうのが私は好きなので、やっぱりカメラマンがいて成り立ちます。
撮影だけじゃなくて「車に乗って撮りたい!バイクに乗って撮りたい!」とか言うとカメラマンさんが全部手配してくれて、私は「わーい!すごーい!」って言うだけとかいうこともあって。笑本当に感謝しかないです。

コスプレは一人では出来ないなと思います。チームプレイですね。
1個の作品を作るのに色んな人がいて話し合って感じ合って協力しあって…。
そういう話し合っている時間も楽しいです。

フォトショと料理が苦手!?

男装コスプレイヤーウィルさん008--- プライベートはどう過ごしているのですか
コスプレもしないし仕事もないって時は飼っている猫と一緒に映画を見たりとかゴロゴロしたりしています。
私はボーッとしてるのが好きで、常に何もしたくないって思ってます。
でもそんな何もしてない時でもハッとコスプレに関する考えが浮かんでくると、もう動いちゃいますね。笑
急にエンジンかかっちゃうんで周りの友達なんかは「どこでエンジンかかったの?」みたいになります。

--- 撮影意外も集中型ですか
そうです。集中型なので結構没頭しちゃいます。
何時間も衣装作ったりとか造形作ったりとか、そういうことは何時間でも全て忘れて出来ますね。
寝れない時もあります。
新作新作と入れてしまって3時間睡眠が3週間続いた時は頭がラリってましたね。笑
妙なハイテンションが何回も来たし死んじゃいそうでした。

--- 何でも出来るのですね。逆に苦手なことはありますか
料理が苦手です。いろいろ焦がします。笑
ちゃんと火を通そうと思って「まだ茶色いだろ」って思って待っていると焦げるの早くて。こんなに早く黒くなるもんなの?って。料理は下手です。笑

あとそういえば私フォトショップ使えないんですよ。
ぜんぜん分からなくて、どうやってやるんだろうみたいな。笑

--- フォトショップ使えない…そうなんですか!?
そうなんです。笑
それも一個の表現だと思うし、みなさん凄い綺麗にやってらっしゃるので、私も学びたいなとは思うんですけど何って言っても周りに教えてくれそうな人がいなくて。
合成は教えてもらって何とか誤魔化し誤魔化しやっています。

--- 合成の方が難しくないですか
そうですよね。笑
でもフォトショップは全く分からなくて。
私も修正が必要だろうなと思う箇所は多いですし、編集してても「もっとこうしたいな」っていう点は凄い沢山あります。
ただ私は加工しないでいたいっていうタイプなので、なるべくしたくないなって言う想いもあるんです。
たぶんそういう人は少ないと思うんですけど「その写真のまま実物も凄い」っていう男装レイヤーが私の理想なんです。

実際加工も加工で1個のコスプレだと思うんです。
加工ありでそのキャラに近づけるっていうのもその人の技術なので。
私が持ってない技術を持っていて凄いなって思いますし、私加工したくないっていうか出来ないだけみたいな。笑

ファンの方がいてこそのウィル

男装コスプレイヤーウィルさん009--- お仕事に関してはどのような物を選んで受けていますか。また今後受けたいお仕事はありますか
そういう事に関しては全く考えてないんですよ。
以前一緒に仕事をさせて頂いた方からの紹介だったりとか、繋がり繋がりで受けていますね。

今までのお仕事で言うと公式レイヤーは凄い楽しかったです。
雑誌の表紙に出して頂いたりイベントに出たり。特にイベントは楽しかったです。
私のコスプレしているキャラクターのことが好きな人がイベントに来ていて、そのキャラクターのフリをして前に出て喜んでもらえることが何か有り難いって感じました。
人が喜んでくれると嬉しいと思うので、それが実際に目の前で見られたのは嬉しかったです。
また公式もやってみたいなと思いますし、モデル業もいいなと思います。

海外のお仕事も増えたらいいなと思ってます。
毎年ベトナムに呼んで頂いていて、今年も2月に行くんですけど他の国にも行ってみたいなと。
海外のファンはテンションが高いです。
グイグイ来るし「I love you!I love you!」「私がhug!次は私がhug!!」みたいな熱狂がすごくて「あ、有難う、有難う…」みたいな。笑
私の一挙手一投足に対して何をしても「キャーーー!」って言ってくれます。動くだけで。笑
台湾のファンはテンションは高かったんですけど、すごく礼儀正しかった印象です。

--- 最後にファンの方へ一言お願いします
今年も新しいことをいっぱいやります。
いっぱい成長します。
そしてファンの子と一緒に成長していきたいと思います。
ファンがいてこそ輝けることもあるので。
応援がんばりますっていうのも嬉しいです。
私もコスプレがんばるので今後もよろしくお願いします。

まとめ

コスプレへの愛と作品への情熱がひしひしと感じられたのではないでしょうか。
私がウィルさんだったら自信しかないと思うのですが、自信を持てないというのは追い求める理想の高さからなのでしょう。
そしてその理想を日々追い求めている過程を知ると更にウィルさんの作品へ敬意を感じずにはいられません。
実際にお会いしても非常に美しく、取材時以外の対応までもとても優しく親切で外見も内面も魅力に溢れていました。
昨今コスプレ業界だけではなく、一般雑誌の表紙やモデルとしてコスプレイヤーの起用が増えてきました。
ここまで極めているウィルさんを目の当たりにすると他業界からも引く手数多になる将来が当然見えてきます。
そしてそんな近い将来が楽しみだと感じるインタビューでした。

ギャラリー

  • 男装コスプレイヤーウィルさん010
  • 男装コスプレイヤーウィルさん011
  • 男装コスプレイヤーウィルさん012
  • 男装コスプレイヤーウィルさん013
  • 男装コスプレイヤーウィルさん014
  • 男装コスプレイヤーウィルさん015

ウィルさんサイン付写真集をプレゼント!!

※この企画は2月16日の応募締切をもって終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

男装コスプレイヤーウィルさんのプレゼントの写真集ウィルさんの直筆サイン&メッセージ付写真集・ポストカードサイズ写真2枚を抽選で1名様にプレゼント☆
応募方法は下記のカンタン3ステップ!

① emoma!の公式アカウント@emoma_cosplayをフォロー
② 下記のウィルさんの特集記事のツイートをRT
③ emoma!の公式アカウントへ『ウィルさんのプレゼント希望』とDM

応募締切

2020年2月16日(日)23:59まで。
(上記①~③の全てを行ってください。)

当選者発表、および賞品の受け渡し

・応募締切後、ご当選者のみにTwitterのDMでご連絡します。当選のご連絡後48時間以内に返信いただけない場合、当選無効となります。
・ご当選者の方に発送の為、住所やお名前等の個人情報をお聞きいたします。その後3日以内(土日祝を除く)に郵送にて発送します。いただいた個人情報は目的外には使用いたしません。

キャンペーンに関する注意事項

下記をよくお読みいただき、ご同意の上、ご応募くださいますようお願いいたします。
・応募するTwitterの鍵アカウントでの応募は無効とします。
・Twitterのダイレクトメッセージを受け取れる環境にしておいてください。
・直筆メッセージの内容はコスプレイヤー本人にお任せの為、無記入の可能性もございますが、その場合大めに見てあげてください。
・ご当選者様のご都合による返送はご遠慮ください。
・本キャンペーンは、予告なく中断・中止・変更等する場合があります。予めご了承ください。
・ご応募される方は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・同一アカウントで複数の方のご応募はできません。

ご応募お待ちしております。

YouTubeではemoma!ちゃんねる配信中!下記から今すぐチェック!




この記事を書いたレイヤー
emoma!編集部
emoma!(エモマ)の編集部です。 さまざまなコスプレイベントに潜入した際にはレポートを配信しています。

現役コスプレイヤーによる、役立つ情報満載のコスプレ専門WEBメディアサイト

emoma!(エモマ)はコスプレイヤーがライターとなり様々な情報を発信するコスプレ専門WEBキュレーションメディアサイトです。
コスプレイヤーの目線で発信する様々な情報は他のコスプレを扱うメディアと視点が違い、他では見れない情報が満載!
また、emoma!(エモマ)を一緒に創っていけるコスプレイヤーのライターさんも絶賛募集中!