emoma!

コスプレイヤーによるコスプレ情報満載のWEBメディア[emoma!エモマ]
emoma!コスプレ版 衣装製作(ウィッグ・カラコン・造形)メリットだらけ!『コスプレ衣装を自作する!』初心者さんでも簡単に出来ます
メリットだらけ!『コスプレ衣装を自作する!』初心者さんでも簡単に出来ます

メリットだらけ!『コスプレ衣装を自作する!』初心者さんでも簡単に出来ます

by 折木こころ
                     
公開日:20.03.27

こんにちは、最近コスプレ衣装の自作沼にはまった折木こころです。
すごい衣装を手作りしているコスプレイヤーさん、皆さん憧れますよね!
でも中学の家庭科でしか裁縫なんてしたことないし、ミシンの糸のかけ方も知らないから無理だ…と思っている方も多いのではないでしょうか。
私もまさか自分が衣装を自作するようになるなんて、コスプレを始めた当初は夢にも思いませんでした。
そんな私が自作するようになった理由、衣装を自作するメリット・デメリット、おすすめの自作衣装第一歩についてまとめてみました。

自作した理由

買うより安い

コスプレ衣装は普通の洋服と比べてお値段が張るものも多く、全部購入している余裕は正直ありません。
簡単なデザインの衣装なら自作できる気がしませんか?

売っていない

そもそもマイナーキャラや出たばかりの作品の衣装は、販売されていないことも。
ないなら作ればいいじゃない!!

業者製のデザインが気に食わない

業者製はクオリティがピンからキリまで。
布がペラペラだったり柄のサイズがイメージと違ったりすることも多々あります。
特にインターネット上で購入する場合は実際に見てから買うことが出来ません。
推しの衣装にはこだわりたいもの。
推しがこんな薄っぺらな布をまとうはずがない!というふうに業者製で満足できないなら、作るしかありませんね!

コスプレ衣装を自作するメリット

とことん拘れる

衣装にも理想像がありますよね!
背中の文字はプリントじゃなくて刺繍がいいなぁとか、和服なら生地も質感から和っぽさを出すためにジャガード生地がいいとか。
自分で材料を探すのは大変ですが、理想通りに作れた時の満足度は筆舌に尽くしがたいものです。

撮りたいイメージに合わせて調整できる

かっこよくマントを靡かせたい、スカートを可愛く優雅に広げたい、体のラインで魅せたいと撮りたい写真のイメージがありますよね。
でも用意した衣装をいざ着てみたらマントの布量が少なくて迫力が出なかったり、スカートが半円で作られていて広げられなかったり、自分の体に添わなかったり、思った通りにならないこともあります。
そういう時でも自分で作ればイメージ通りの写真映えするような調整も自由自在です。

業者とのトラブルがない

出来上がりは材料と自分の技量次第なので、業者製を購入したが手元に届いたら写真と違ったというトラブルはありません。
また海外製だとよくあることですが、コスプレ予定日前日になっても届かないという心配もありません。
クオリティも納期も全て自分で決められます。

コスプレ衣装を自作するデメリット

理想と現実の差

作りたい理想像は完璧だったのに、技術不足で理想とはかけ離れた出来上がりになることもあります。
ですが時間をかけて丁寧に製作すれば、経験値が少なくても納得のいく衣装は作れるはずです。

時間と体力が犠牲になる

衣装製作には時間と体力が必要です。
衣装が複雑になればなるほど必要な製作時間は長くなり、撮影に間に合わせるために睡眠を削る日々を過ごす…ということも往々にしてあります。
前日に徹夜をして終わらせたり、当日の更衣室でボタンを付けたり、ということも珍しくありません。

買うより高くなることもある

推しの衣装にこだわりすぎたり失敗して布を買い直したりした結果、製作費が業者製を購入するよりも高くなることもあります。

揃いの衣装にはならない

部活のユニフォームや制服を自作すると、同じ誂えの衣装にはならないことも。
自作で揃えたい場合は、誰か一人が何着も作ったり、同じ布を使ったりなどの工夫が必要になります。

初心者へのオススメ

イチから布から衣装を作るのは難しくても、既製品の改造や業者衣装の手直しなら意外と簡単にできます!

既製品を改造

シャツやパーカー等、量販されている既製品を購入して、自分で細かいパーツをつけたり絵柄を足したりするだけ!
今まで私が製作したものを例に上げて具体的に紹介します!
自作した衣装を着るコスプレイヤー折木こころさんこの衣装のTシャツを既製品から改造しました。
方法は2枚組500円のTシャツを購入し、1枚はグラデーションに染めて切り、もう1枚に縫い付けました。
染めた布を縫いつけることで、滲んで失敗してしまう…ということがないので簡単です。
自作した衣装を着るコスプレイヤー折木こころさん02こちらは既製品を改造してパーカーとスパッツと帽子を製作しました。
ロゴを印刷し、サンラバーで写し取ってパーカーにアイロンプリントしました。
赤地に白文字は普通のアイロンプリントでは難しいですが、サンラバーなら市販のロゴパーカーのようなきれいな仕上がりになります。
ストレッチ性もあるので、スパッツにも貼り付け可能でした!


パーカーの金色のパーツはスタッズをつけて素材感を出しました。
帽子は百均の赤と黒の帽子をそれぞれ分解して縫い合わせて綺麗に仕上げました!
上から布を張り付けるよりも簡単できれいな仕上がりになります。

業者製を改良

衣装全てを作るのは難しくてもパーツを作り直すことは意外と簡単です。
髪飾りだけ、胸飾りだけならなんとか作れることもありますし、業者製を見本にしながら、布をちょっと豪華にするだけで見栄えが変わることもありますよね。
  
また、自作とは言えなくなってきましたがバランス修正も簡単に出来ます。
気になる部分のバランスの修正をしておくと写真写りが大きく変わります!
例えばパフスリーブのキャラクター多いですよね。
私は全てガンダムになるので、パフを本来の肩よりも内側に手縫いで寄せています。
それだけで華奢見えし、ゴリラを回避できます。

また衣装を着た時に部分的にどこかが極端にゆるかったり、胴長に見えたりしているときは手縫いで十分なので詰めましょう。
ウエストや太ももにゆとりがあったら、まずは安全ピンでサイドの縫い目を1cm内側で留めてみて、バランスを確認します。
バランスが良い位置を見つけたらそこで手縫いで縫い留めます。
後で写真を加工すればいいかと考えがちなんですが、その加工に費やす時間を先に使って衣装を調整してしましょう。

まとめ

自作のメリット・デメリットや簡単にできる例を紹介してきました!
いかがでしたでしょうか。
自作するのは時間と技術が必要になるので、完璧なクオリティの衣装がお手頃価格なら迷わず購入する私ですが、残念ながら現実はそうはいかないもの。
これまでにもひぃひぃ苦しい思いをして自作してきました。
それでも、妥協せずに頑張った分だけ衣装やキャラクターへの思い入れが深まり、撮影も納得のいくものになりました。
是非、自作衣装の第一歩を踏み出してみてください!


YouTubeではemoma!ちゃんねる配信中!下記から今すぐチェック!

この記事を書いたレイヤー
折木こころ
卒論のストレスで単身コスプレ界に飛び込んだ強者、折木こころです。 Fate作品、京アニ作品、WJ作品を中心にコスプレしています。 コスプレを始めた当初は友達もなく寂しい思いをしていましたが、長く続けていたら趣味を超えて交流する友人も得られました。 そんな人生に豊かさを与えてくれたコスプレについて、私が手探りで学んできたことをお伝えしていきます。 少しでも皆様の糧となれば幸いです。

PWAを導入!読み込み速度が速く、サクサク動く!ホーム画面に追加するだけでまるでアプリ!

ブラウザを開かずにホーム画面にあるアイコンをタップするだけのアプリのように使えるPWAを導入しました。
使い方は簡単!
【iPhone safariの場合】画面下のメニューバー内にある「ホーム画面に追加」をタップするだけ。
【Android Chromeの場合】画面下に「ホーム画面に追加」とポップアップが出るのでそこから追加するだけ。