騙されない!コスプレ衣装オーダーメイドの相場・優良ショップの選び方・依頼方法!

コスプレをしていると衣装をオーダーメイドで作りたくなりますね。
身長や体型が既製品に合わない場合、気に入る既製品が見つからない、自分で作ることが出来ない…などなど、オーダーメイドで衣装を作りたい場合があります。
最近ですと女装・男装のコスプレイヤーさんもよくオーダーメイドで衣装を作っていると耳にしますね。
ただこのコスプレ衣装のオーダーメイド、こちらの記事「絶対にここで注文しないで」が拡散!渦中のコスプレ衣装専門店に真相を直撃したのように時には詐欺まがいの業者に引っかかってしまって大損した挙げ句、イベントに間に合わなかった…なんて話しも多くあります。

関連記事

「16万円くらい損しました…泣き寝入りしかないのかな、絶対にここで注文しないでください」。コスプレ衣装のオーダーメイド専門店「超リアルコスプレ」に注文した衣装のサイズが間違っていた、しかも作り直すと言ったのに音信不通になったというコスプレイ[…]

「絶対にここで注文しないで」が拡散!渦中のコスプレ衣装専門店に真相を直撃した
どこに頼めばいいのか、いくら位かかるのか、どうやって頼むのか…最初は分からないので躊躇してしまいがちです。
今回はこのコスプレ衣装オーダーメイドについて解説します。

コスプレ衣装オーダーメイド依頼先

まずコスプレ衣装をオーダーメイドで依頼できるところは大きく分けて2つあります。
1つ目はショップ
こちらはネットショップが主ですが、店舗を構えている所もあります。
最近はほとんどのやり取りがネット上で行われるので、必ずしも店舗を構えている店を選ぶ必要はありません。
ただ店舗を構えているお店だと生地の素材など確認することが出来る場合があります。
2つ目は個人
こちらには個人が依頼を受けている場合やサークルが依頼を受けている場合があります。
友達や知り合いの紹介などもこのケースに入りますね。

オーダーメイド衣装相場

相場を知らないとまずオーダーメイドで作ろうかどうかも検討出来ません。
大体の相場をお伝えしますが、もちろんキャラクターの衣装によって大きく金額に差があります
同じような衣装の形の物でも布の素材、量、工程数、装飾品、模様などで価格は大きく変わってきます。
オーダーメイド衣装はピンからキリまでかなり価格に幅があることを知っておいてください。
その上であえて相場をお伝えするとしたら、ショップに依頼した場合は最低でも1着約50,000円から約150,000円くらいです。
ただ前述した通り、フルオーダーの内容によってはで500,000円以上かかる衣装もあります。

逆にもちろん格安を謳っているショップもあります。
既製品と大差ない価格の10,000円や20,000円でオーダーメイド出来るといったショップもありますが、その質は残念ながら値段相応だと思った方がいいでしょう。
もしかしたら既製品の方が良かった…と思うかもしれません。
ショップの場合はほとんど無料で見積もりがとれるので、まずは希望を伝えて見積もりを取り費用感を知ってから依頼するか考えてみましょう。

個人に依頼した場合は実費の1.5倍~2倍くらいでお願い出来ることが多いです。
実費とは大まかにいうと生地代・ボタンやファスナーなど装飾代・購入場所までの交通費となります。
そこに制作にかけた時間給や技術料、手間賃・お礼などを含めると大体実費の1.5倍~2倍になると言った感じですね。
実費自体どのくらいか検討もつかないから相場が分からない…という方は個人に依頼した場合でも安くても最低20,000円以上にはなると思ってください。
大体の相場をあえていうのであれば、20,000円~70,000円でしょうか。
ただこちらもショップに依頼した場合と同様、オーダーによっては100,000円以上かかることもあるでしょう。
こちらも価格に幅があるので、まずは希望の衣装の見積もりを聞いてみましょう。

相場を知って「市販の衣装に比べてなんて高いんだ!」と思った方はオーダーメイドでなく既製品を選んだ方が良いかもしれません。
そもそも既製品とオーダーメイドではかかっている手間が雲泥の差なのです。
サイズから衣装の作り・素材の色まで1人に合わせて作る衣装と、大衆へ向けて大量に作る衣装では手間も時間も比べものにならないのです。
それなのに既製品と比べて価格に不満があると折角オーダーメイドで作っても結果的に納得出来なかったり後悔してしまうことになると思います。
既製品にはない魅力溢れる自分だけの衣装を高い金額を払ってでも欲しいのか。という点が重要ですね。

見積もりをもらおう

見積書をもらう“make order”

ショップに依頼する場合はもちろん、個人に依頼する場合も見積もりはかなり重要です。
個人だから、友達の知り合いだからとザックリとした説明でお願いしてしまうと、全くイメージと違う衣装が出来上がったり予算を大きく超えた金額を請求されて揉めてしまったりとトラブルを引き起こしてしまいます。
ショップへの依頼でさえ大まかにしか伝えてなかった場合、見積もりと請求金額に5万円も差が出てしまった…なんてことも度々起こってしまうのです。
詳しく要望を伝えれば伝えるほど実際の請求金額と差が少ない見積もり金額を提示してもらえるので、頑張って出来る限り詳しく要望やイメージを見積もりを出してもらう段階で伝えましょう。

見積もりで伝えるべき項目

・作品名とキャラクター名(様々なパターンの衣装がある場合は衣装名)
・キャラクターの衣装画像(前・横・後ろなど様々な方向からの画像を複数)
・依頼したい衣装のアイテム(ジャケット・ワンピース・グローブ・足に付けるリボン・スカーフなど必要なアイテム全て)
・衣装に関する希望(裏地の有無・着脱について・ポケットはリアルかフェイクか・生地の素材・模様はプリントか刺繍かなど)
・サイズ(身長・体重・スリーサイズ・気になる部分のサイズ)
・希望納期
・その他要望

最低でもこのくらいは伝えるようにしましょう。
衣装画像の種類は沢山あると良いです。
全身の前・横・後ろと細かい装飾がある箇所のアップなどあるとベストですね。

・キャラクターの衣装画像

次の依頼したい衣装のアイテムはとても重要です。
画像によって靴が写っていたりなかったりとあるので、画像を送って全部お願いしますでは伝わりません。
グローブや靴、装飾品も含めて必要なアイテムを全て伝えましょう

・依頼したい衣装のアイテム・衣装に関する希望

衣装に関する希望の項目の着脱についてとは、脱ぎ着する時にあける部分がファスナーがいいのかボタンがいいのかマジックテープがいいのか…ということです。
生地の素材に関してなど分からない部分は正直に「詳しくないので価格も含め相談したいです」と伝えるのもとても良いと思います。
また衣装の模様など特に拘りがない場合は「模様の再現方法はお任せするので出来る限り低価格になる方法でお願いします」というふうに伝えてもいいでしょう。
ただしこの場合は“お任せします”と言った部分に関しては後でクレームは入れられないので気をつけましょうね。

・サイズ

同じ身長と体重であっても体型は人によって様々です。
例えば太ももが張っている人と張ってない人、膝下が長い人と短い人では衣装の作りが変わってきます。
自分の気になる部分のサイズというのは“欠点だと思っている部分のサイズ”という分けではなく“一般的な体型と比べると違う部分のサイズ”という意味です。
この部分の太さや長さを伝えておくとより自分にピッタリの衣装が出来上がります。

個人に依頼する場合は「こんなに沢山言って嫌がられないかな?」と思うかもしれませんが、曖昧だと見積もりが出しにくいものです。

オーダーメイドはどこに頼めばいいのか

まずショップの場合は多くの人がネットで“コスプレ・オーダーメイド”などといった感じで検索して探すでしょう。
この場合に下記の点をチェックしましょう。

・連絡先が詳しく載っているか
・Twitterや検索エンジンで“ショップ名・評判”と検索してみて悪い評判は出てこないか
・サイトの作り・日本語

・連絡先が詳しく載っているか

連絡先は通信販売の場合、必ず記載しなければいけません
まず書いていない場合はやめましょう。
書いてある場合は実際に電話をかけてみたりメールを送ってみたりすると良いです。
返信の有無や対応が良いかどうかが分かります。
依頼してからもコンスタントに気持ちよく確認を取り合えるショップが良いので、このチェックは大事ですね。

・Twitterや検索エンジンで“ショップ名・評判”と検索してみて悪い評判は出てこないか

次にTwitterでショップ名を検索してみたり、評判を検索エンジンで調べてみましょう。
この場合見るべき情報は“悪い情報があるかないか”です。
良い評判は自作自演の場合も多くありますので全く参考になりません!!
悪徳な業者ほど熱心に良い情報をそこらに書き込んでいたりするので気をつけましょうね。

・サイトの作り・日本語

サイトのデザインをチェックするというのは意外かもしれませんが重要です。
本来ならばサイトはお客様が見る“お店の顔”なので気合を入れて綺麗に作っているはずです。
それが文字がガタガタだったり、自社のロゴも画像によってバラバラだったり、画像が汚かったりするのは変ですよね。
詐欺業者はショップ名が世間に知れてしまったら名前やサイトを変えて同じことを繰り返すことがあります。
そういった場合わざわざサイトのデザインを凝って綺麗に作ったりしない傾向があるのです。
そしてもちろん日本語が間違いだらけのサイトはやめましょうね。
詐欺サイトでなくても衣装製作についての意思の疎通が正しく出来るはずがないので…。

以上の点を総合的に見てみると優良ショップに巡り会える確率がグンと上がります。

個人へ依頼する場合は元々の知り合いや紹介の他に『コスプレイヤーズアーカイブ』等で見つけることも出来ます。
『コスプレイヤーズアーカイブ』で探す場合は、フリマで“衣装製作・衣装製作依頼”で探すと見つかりますし、登録サイト一覧でも見つけることが出来ます。
この場合は応募条件や要項などが詳しく書いてあるものがオススメです。
また個人の場合も特に意思の疎通が大切になってくるので、やり取りが気持ちよく気軽に出来て丁寧に相談にのってくれる人を選ぶことが重要です。

まとめ

ショップに依頼する場合も個人に依頼する場合も最初が肝心です。
とにかく誠実に丁寧にコミュニケーションを取ってくれるところを選びましょう。
また無茶難題をお願いすることは当然いけませんが、こちらも丁寧に細かく要望やイメージは伝えましょう。
衣装が完成してから直してもらうのは言い出しにくかったり受けてもらえなかったりとなかなか大変なので製作前に伝えることが大切です。
また不安な点は“生地について分からないのでサンプル画像をもらえますか?”などと確認をお願いするのもトラブルを防ぐためには良いことです。

“世界に1つだけのジャストフィット衣装”は既製品とは比べ物にならない程の愛着が湧くものです。
既製品より多く支払う価値はありますが安い買い物ではないので、満足いくものが手に入れられるように依頼先を賢く選び、きちんと見積もりを取って、良い関係で製作してもらいましょう!
良いショップや個人の製作者に出会って素敵な衣装を迎えてください。

関連記事

「16万円くらい損しました…泣き寝入りしかないのかな、絶対にここで注文しないでください」。コスプレ衣装のオーダーメイド専門店「超リアルコスプレ」に注文した衣装のサイズが間違っていた、しかも作り直すと言ったのに音信不通になったというコスプレイ[…]

「絶対にここで注文しないで」が拡散!渦中のコスプレ衣装専門店に真相を直撃した

YouTubeではemoma!ちゃんねる配信中!

>カンタンに設定可能!プッシュ通知機能

カンタンに設定可能!プッシュ通知機能

コスプレイヤーやライターが書いた最新のコスプレニュースやトピックス、イベント情報など、今すぐ役立つ情報をプッシュ通知形式にて、PCやスマートフォン(Android端末限定)へお届けします。
設定方法は以下の2ステップのみ!
■STEP1:画面上に表示されるダイアログボックスの【許可】をクリック!
(Firefoxでは【常に通知を受信する】を選択)
■STEP2:通知設定はこれで完了!設定した端末でプッシュメッセージが届きますのでご確認ください。
★便利機能★
画面の最下段に出る【ホーム画面に追加】を押すことでemoma!をまるでアプリのように即起動!さらにオフラインでもお読みいただけます。

CTR IMG