コスプレイヤーを悩ませる衣装の収納場所を増やしてみよう!

コスプレを始めて時が経つに連れて頭を悩ませるのが収納場所の確保ではないでしょうか。
大きな造形が必要ないキャラクターであっても衣装は必ず必要です。
また撮影やイベントで何回も着て出番が減った衣装も好きなキャラクターのなので簡単には手放しづらいことも収納を圧迫する一因ですね。
どうしようもなくなって乱雑に部屋に置いておくと欲しい物がどこになるか分からなくなったり、気付かないうちに傷んでしまったりしてしまいます…。
今回は効率のいい収納を増やす方法をご紹介します!

ハンガーにかけて吊るすタイプの収納を増やす

可能な衣装であればハンガーにかけてしまうのが一番シワになりにくく、取り出しやすい収納方法だと思います。
クローゼットがない場合、容量が足りない場合はDIY簡単に作ることが出来ます。
またハンガー自体も省スペースで滑らないタイプのものを用意すると利便性が高まります。
ホコリがつかない様に衣類カバーをつけると良いのですが、衣装がかさばってカバーに収まりきらない場合やいちいち買うのが面倒な場合はゴミ袋の底・中央に穴をあけて代用することも可能です。
その際にクリアのタイプを選ぶと中身が分かりやすくて便利です。

突っ張り棒で収納UP

押入れタイプの収納がある場合はかなり有利です。
奥行きがあるので、上段と下段に奥と手前に2本づつ計4本突っ張り棒を設置することでかなりの量の衣装を吊るすことが出来ます。
左は長めの衣装、右は短めの衣装と長さ別に吊るすと短い衣装の下にはクリアケースなど置くことが出来るので更に収納力がアップします。

クローゼットの場合は最初から奥行きの中心にポールが設置している場合が多いので、奥と手前に設置することは難しいかもしれませんが下に増設することは可能です。
余り高さが確保出来ない場合はシューズハンガーや吊り下げられるクリップで靴や小物を吊るして収納することが出来ます。
突っ張り棒の懸念点は耐荷重です。
設置して衣装をかけた後に落っこちてしまうとこの世の終わりか!?と思うほど戻すのが面倒で落胆してしまいます…。
購入する際には耐荷重をチェックして合うものを選びましょう。
更に強化する為に突っ張り棒と壁との間に滑り止めシートを挟むといいですね。
またグッズも販売されているので心配な場合は使うと安心感を得ることが出来ます。
耐荷重を気にするがあまり太いものを選ぶとハンガーがスムーズに滑らないこともありますので、その点も考慮して選ぶと失敗がありません。

ハンガーパイプ

ネジを打つことが可能な場合は突っ張り棒より強力なハンガーパイプを設置しましょう。
こちらも簡単に設置出来ますし何より頑丈です。
この時ハンガーに手が届く範囲でなるべく高く設置することをオススメします。
そうすることで下の部分にも収納場所が出来るからです。

用意するものはステンレスパイプとソケットだけです。
あとは設置の際に電動ドライバー・水平器・下地探しがあると便利ですね。

取り付けたい場所の横の長さを図り、ポールの長さと直径を決めます。
ポールの直径にあったソケットを用意します。
ソケットにはD型やU型などありますが、そこはお好みで選んで問題ありません。
下地探しで取り付けたい場所に下地が入っているか確認し、後はソケットとポールを設置するだけ!
費用も電動ドライバーなどを含めても7,000円程度で設置することが出来ます。
また最近は電動ドライバーも場所を取らないタイプも販売されているので、これから購入される方にはオススメです。

置くタイプの収納を増やす

ハンガーでかけることが出来ない衣装もあります。
その場合は必要なのが置く収納。
こちらもシンデレラサイズにそろえて用意すれば収納力は格段に上がります。

棚を増やす

袋や箱に入れて置くにしても置く場所が必要です。
そんな場所がない!という場合でもダボレールを設置することで初心者でも簡単に可動棚を増やすことが出来ます。
また前述の2つに比べて壁さえあれば設置することが可能なので便利です。

ダボレールはガチャ柱や棚柱・チャンネルサポートという名称もありますが全て同じ目的を持った商品です。
可動棚を作るのに必要な物はダボレール・ブラケット・棚板のみ。
ハンガーパイプ設置と同様に電動ドライバー・水平器・下地探しがあると便利です。

ダボレールは長さなどによって変わりますが、ホームセンターなどで1本300円程度で買うことが出来ます。
ダボレールも耐荷重を考えて用意しましょうね。
またダボレールは本数を増やすことで増強することも可能です。

設置の仕方はダボレールを下地を確認した壁や柱にネジで取り付けるだけです。
そしてブラケットを付けて棚板を乗せ固定すれば棚の完成!
可動棚なので、高さ調節も棚の数も自由自在に変えることが出来ます。
注意したい点はダボレールとブランケットは同じメーカーに揃えた方がいいでしょう。
互換性がないと上手く付けられなかったり、耐久性が悪くなってしまうからです。
棚板は様々な種類の合板がホームセンターで販売されています。
好みですが見た目にこだわらなければ安い合板で問題ありませんし、見た目重視の場合は合板を塗装したり化粧板などを購入しましょう。

衣装を入れる袋や箱

棚を増やすことが出来れば袋や箱も取り出しやすく効率的に収納することが出来ます。
圧縮可能な衣装は圧縮すると嵩張らなくなりますね。
棚にブックスタンドで立てて収納することも可能です。
この際衣装の大体の大きさ別に圧縮袋のサイズを揃えると、それに合わせて可動棚の高さも調整し保管場所を有効的に使うことが出来ます。

圧縮出来ない衣装はキャラクター毎に箱や袋に入れて保管すると便利です。
ダンボールやビニール袋・ストア袋でも収納出来ますが、イマイチ置いた時に自立しないし形が揃わないので非効率な気がします。
数種類の大きさで揃えるとベストです。
箱は100円ショップでフタ付きのものも手に入ります。
袋は多少自立するタイプのものがオススメです。
100円ショップなどで買えるボックス型洗濯ネットも通気性に優れていていいと思います。
それでもお金をかけたくない場合はビニール袋やダンボールでも問題はありません。
どの場合も、湿気や虫を防ぐ為に除湿剤や防虫剤を入れ、外から見て分かるようにキャラ名など書いておくと後々役に立ちますよ。

柱を増やす

両脇に壁や柱がないからハンガーパイプが付けられない!賃貸だからダボレールが付けられない!といった時は柱を建てましょう。
初心者でも2×4(ツーバイフォー)で簡単に柱は建てることが出来ます。

必要な物は2×4(ツーバイフォー)とアジャスターのみです。
アジャスターによって「設置する場所の天井の高さより〇〇mm短い2×4を用意してください」との指示があるのでその長さの2×4を用意します。
ただ木材は湿気によって膨張したり伸縮したりするので強度を上げる為に表記よりも数ミリ長く用意しても良いと思います。(アジャスターをネット通販で買う場合はこの情報がよく口コミで書かれているのでチェックして調整しましょう。)

2×4は通販でも買えますが、出来ればホームセンターで買うといいです。
より安価で手に入れることが出来ますし、反りや割れがない物を自分で選ぶことが出来ます。
その上50〜100円程度で希望の長さにカットしてくれるサービスがあるのでとても便利です。
2×4はホームセンターにもよりますが、大体一本300円前後で販売されています。

2×4とアジャスターさえ用意出来れば後は設置するだけで柱の完成です!

まとめ

収納よりも有効なのは断捨離なのでしょうが、他の物とは違ってなかなか捨てたり売ったりしにくいのがコスプレ衣装ですね。
気持ちが入っている物なので仕方がありません…。
前述の方法の他にもなかなかの力技ですがベッドをロフトタイプのものに変えると収納はかなり増えます。
ロフトベッドの下は全て収納に使えるようになりますし、そのスペースを上記の方法で快適な収納場所にする!ということも出来ますね。

読むだけだと難しく感じるかもしれませんが、今日ご紹介した方法はどれも簡単に設置することが出来ます。
思い切って部屋に付けてみると相当収納が増えるのでおすすめです。
色々工夫をして大切な衣装を上手く収納しましょう!

YouTubeではemoma!ちゃんねる配信中!

>カンタンに設定可能!プッシュ通知機能

カンタンに設定可能!プッシュ通知機能

コスプレイヤーやライターが書いた最新のコスプレニュースやトピックス、イベント情報など、今すぐ役立つ情報をプッシュ通知形式にて、PCやスマートフォン(Android端末限定)へお届けします。
設定方法は以下の2ステップのみ!
■STEP1:画面上に表示されるダイアログボックスの【許可】をクリック!
(Firefoxでは【常に通知を受信する】を選択)
■STEP2:通知設定はこれで完了!設定した端末でプッシュメッセージが届きますのでご確認ください。
★便利機能★
画面の最下段に出る【ホーム画面に追加】を押すことでemoma!をまるでアプリのように即起動!さらにオフラインでもお読みいただけます。

CTR IMG