emoma!

コスプレイヤーによるコスプレ情報満載のWEBメディア[emoma!エモマ]
emoma!コスプレ版 メイク技術男性コスプレイヤーによるコスプレメイクの小技を紹介
男性コスプレイヤーによるコスプレメイクの小技を紹介

男性コスプレイヤーによるコスプレメイクの小技を紹介

by emoma!編集部
                     
公開日:20.01.22

今回は男性コスプレイヤーKさんに、男性コスプレイヤーならではの『コスプレメイクの小技』を紹介して頂きます。
残念ながらお名前は出せないのですが、男性コスプレイヤーによる男性コスプレイヤー向けのメイク講座は珍しいので是非参考にしてください。

編集部:コスプレメイクならではのメイク方法ってあるんですか?
Kさん:コスプレメイクは再現度を高めたり画像写りの映えを考えたりする為、アイカラーもブレンディング(色を混ぜてアイシャドウなど異なった色の境目を馴染ませること)せずにそのままパキッとのせるなど普通のメイクとは違ったメイクの仕方をすることがあるんです。
その為コスプレを始めたばかりの頃は雑誌やネットにある普通のメイク法を参考にしてコスプレメイクをすると「ちょっとイメージと違うな」とか「ここもう少しこう出来たらいいのに」と思うことが結構頻繁に起こってしまうんです。
編集部:男性コスプレイヤーさんの場合、元々男性向けのメイク情報が少ない上にコスプレに特化したメイク法となるとなかなか情報が少なく更に悩みが多いのかもしれませんね

という訳で、コスプレメイク試行錯誤の中でKさんが見つけた「痒いところに手が届いた!」という小技を紹介して頂きます!





アイメイク編

Kさん:まずはダブルラインを書く時のひと手間についてです。
編集部:ダブルラインって二重の線の上にもう1本ラインを引くメイク法のことですよね?
Kさん:そうです。コスプレイヤーさんはダブルラインを引いている方が多いと思いますが、自然に見せる為に真っ黒のアイライナーでラインを引いてシャドウでぼかしても“なんだか濃すぎたな”とか“線がガタついて目立っているな”とか気になり、綺麗な二重メイクが苦手だと思ってる方も多いと思うんです。
編集部:Kさんも苦手だったんですか?
Kさん:コスプレを始めた当初はアイメイクがとにかく苦手で、その中でもダブルラインがガッタガタになってしまったりして毎回鏡を見ながら首をかしげてました。
編集部:でも今はとても自然で かつ映えるアイメイクされてますよね。
Kさん:そうなんです!薄すぎず濃すぎず、かつ失敗が目立ちにくい書き方があったんです!

Kさんが紹介してくれたダブルラインを書くのに必要なのはこちら


編集部:黒いアイライナーとダブルライン用のペンもしくはリキッドアイブロウが必要なんですね。
Kさん:やり方は、まず最初に黒いアイライナーで手の甲に小さい丸を書きます。
次にそれをダブルライン用のペンで軽く取ってダブルラインを書けば、いい感じの濃さで書けるんです。
編集部:アイライナーとダブルラインの中間の丁度いい濃さに調節するんですね。
腕にダブルラインを黒いアイライナーとダブルライン用のペンで書いてみたKさんが実際に腕に書いてくれました。
<上からリキッドライナー、混ぜた色、ダブルラインフェイカー>

Kさん:アイライナーで直接書くと濃くなりすぎるし がたがたしやすいんです。
逆にダブルラインフェイカーで何回も書くとアイメイクが崩れてしまったりするので難しいのですが、この方法で良い具合に調整出来るんです。
編集部:なるほど。混ぜることで ふたつのアイテムの良い所が活かせるんですね。
Kさん:この方法ですと失敗しても修正できるし、濃さも重ねることではっきり主張させることも出来るんで便利なんです!

アイブロウブラシを活用する

編集部:次はアイブロウブラシについてですね。
Kさん:目元のニュアンスで全体の雰囲気も ぐっと変わるのでコスプレをする時は目元のメイクって細かくしたいですよね。
そんなアイメイク時に活用すべきなのが「アイブロウブラシ」なんです。
編集部:アイシャドウブラシじゃないんですか?
Kさん:アイシャドウブラシでアイメイクをするとクリームアイシャドウだとまだテクスチャのおかげで筆先がまとまるのでいいんですが、パウダーシャドウはどうしても余計なところまで粉が乗ってしまうんです。
編集部:冒頭で話しに出た「ブレンディングしないコスプレアイメイク」の場合はそうなると良くないんですね。
Kさん:はい、そこで役立ってくれるのがアイブロウブラシなんです。
眉毛を書くためのアイテムなので、粉飛びせず細かく書けるように筆先が硬めに工夫されて作られています。なのでアイシャドウで細かいニュアンスをつけたい時にも すごく使えるアイテムなんです。
パウダーアイシャドウとクリームアイシャドウをアイシャドウブラシとアイブロウブラシで腕に描いてみたKさんが実際に腕に書いてくれました。
<上からパウダーアイシャドウをアイシャドウブラシ、パウダーアイシャドウをアイブロウブラシ、クリームアイシャドウをアイシャドウブラシ、クリームアイシャドウをアイブロウブラシで描いたもの>

編集部:こうして見せてもらうと一目瞭然ですね。
Kさん:アイブロウブラシを使うだけで、飛び散りのないまとまったクリアな線が書けるんです。

編集部:他にもアイブロウブラシの活用法はありますか?
Kさん:例えば涙袋を作るとき、下まぶたのアイラインに沿ってアイシャドウを入れますよね。
すごく狭い範囲にしっかり色をのせたいので、アイブロウブラシを使うと上手に出来ます。
あとはダブルラインの上にハイライトを載せて立体感を出したりする時も綺麗に色をのせられるのでとても便利なんですよ。
編集部:アイブロウブラシが眉以外にこんなに活用法があったとは気付きませんでした。
Kさん:是非皆さんも細かい範囲にしっかり色をのせたい時にはアイブロウブラシを使ってみてください。

唇の色味消しはスティックタイプのシャドウを使う

編集部:今度は唇ですね。
Kさん:コスプレをする時は多くの場合は唇を一度消してから口紅をのせて理想の形や色にしていきます。
でも消すためにコンシーラをのせてみたものの、なんだか浮いて見えるなと悩んだことはないでしょうか。
編集部:なんだか完全に消せていないなと違和感を覚えることありますね。
Kさん:唇の色は本来内側から赤→茶色→肌色のようにグラデーションになっているんです。
それを一色のコンシーラーで均一に消そうとするので どうしても消しきれていない違和感が出てきてしまうんです。
編集部:元がグラデーションになっているので、そのグラデーションに合わせて消していかないと綺麗に消えないんですね。
Kさん:そうなんです。ですので、まずスティックタイプのシャドウで色を均一にしてみてください。
やり方は最初に唇の赤い部分(唇の内側)に暗い色のシャドウをのせます。
次に外側にいくにつれて粘膜が青っぽい茶色になっているので、そこに赤みのシャドウでシェーディングを入れてあげるんです。
編集部:この2つの作業でグラデーションを均一にするのですね。
Kさん:はい。この工程を踏まえてからコンシーラーで消していくとあからさまにトーンが上がらず、かつ自然に肌に馴染んで消すことが出来ると思います。
コンシーラーで消した唇実際にKさんが実演してくださいました。
<向かって右がコンシーラだけ、左がシェーディングを使ったものです。(※色味を見るために色調補正はしていません)>

編集部:無理やり消した感じがなく、その上に口紅で色々な形や色の唇を書ける出来栄えになってますね。
Kさん:自分自身たらこ唇がコンプレックスでこの消し方を思いつきました。
同じお悩みの方にはダメもとでもいいので一度試してもらいたい小技です。

男装でもアイメイクのベースはラメを使ってみる

編集部:男性で男装なのに目元にラメって必要なんですか?
Kさん:そうですね。意外かもしれないですけどメリットが多いんです。
まず目の一番高いところの瞼にラメをのせると光を反射するように見えて立体的な目元になって堀が深く見えるんです。
編集部:男装では堀を深く見せることが重要なことが多いですもんね。
Kさん:細かいラメを使うと自然に光ってくれるので、造形している感じが強すぎない自然な立体感を演出することができます。
編集部:コスプレをする際には、そういった細かな作り込みが最後に全体の完成度を高めるので重要なテクニックですね。
Kさん:そして更に目元のラメは写真の写りもよくするんです。
編集部:それは重要ですね。
Kさん:撮影するとアイメイクは特に色飛びしがちな場所なんですが、ハイライトがあることで色のメリハリがはっきりついて写真になった時に色が綺麗に残せるようになります。
マットなパウダーシャドウでメイクした目元試してくださった画像がこちら
<マットなパウダーシャドウでメイクをした場合>
ラメ入りのシャドウでメイクをした目元<ラメ入りのシャドウでメイクをした場合>

編集部:男性キャラクターにしては派手に見えてしまいませんか?
Kさん:ラメを使うと画像では良くても実際はケバく見えてしまうと感じる人もいるかもしれません。
ラメの有りと無しを試してみて実際の印象と画像の印象を確認し、コスプレをする際に実際の見た目と写真写りどちらが重要な場なのかで判断するのが一番良いですね。

まとめ

今回のインタビューで男性コスプレイヤーさんが男装する時にメイクではそんなに悩まないんじゃないかと思っていた編集部は深く反省しました。
また、女性コスプレイヤーさんが女性のキャラクターのコスプレをする際にも使える技が多かったですね。
男性コスプレイヤーさんも女性コスプレイヤーさんも、男性キャラも女性キャラも、みなさん愛情深く一生懸命メイク法を駆使してコスプレされているんだなとしみじみ感じました。
最後に今回取材に協力してくださったKさんにコメント頂きました。
Kさん:今回は自分がコスプレをするときに使う小技を紹介させてもらいました。
男性コスプレイヤーさんのメイク時の参考になったら嬉しいので、是非一度試してみてください。


YouTubeではemoma!ちゃんねる配信中!下記から今すぐチェック!




この記事を書いたレイヤー
emoma!編集部
emoma!(エモマ)の編集部です。 さまざまなコスプレイベントに潜入した際にはレポートを配信しています。

現役コスプレイヤーによる、役立つ情報満載のコスプレ専門WEBメディアサイト

emoma!(エモマ)はコスプレイヤーがライターとなり様々な情報を発信するコスプレ専門WEBキュレーションメディアサイトです。
コスプレイヤーの目線で発信する様々な情報は他のコスプレを扱うメディアと視点が違い、他では見れない情報が満載!
また、emoma!(エモマ)を一緒に創っていけるコスプレイヤーのライターさんも絶賛募集中!